日に日に秋が深まっていますが、夏の定番として人気のEVA素材のサンダルは、一年を通して、様々なシーンで活用頂けます。例えばオフィスで。窮屈なヒール、シューズから足指を解放し、柔らかく軽い履き心地は、オフィスでも快適な時間を過ごせます。今回は東京・中目黒のシェア・スペース「HAPPA」を拠点に活動する3つの事業所でEVA素材のサンダルを試してもらいました。
Photo: nagamine takuya

1. Daisuke Motogi Architecture

建築をはじめインテリア、展覧会などの空間設計から家具デザインを手掛けている建築設計事務所「Daisuke Motogi Architecture」。代表の元木大輔さんはご自身の足に合うフットウェアとしてビルケンシュトックを愛用しており、EVA素材の『アリゾナ』も実際に事務所内で履かれています。「水に強いので、家ではベランダ用としても履いていますが、柔らかくて履き心地がよいので事務所でも履き始めました」。

2. sakumotto

百貨店や駅ビルでの催事やポップアップショップのディレクション、商品企画などを手掛ける「sakumotto」。赤いソックスと黒の『ボストン』のコーディネートも好相性で、「洋服にも合わせやすいですし、近くでの打合せやちょっとコーヒーを買いにいく時も、このまま出かけられますよね」と代表の作本潤哉さん。「デスクワークが多いので、靴を長時間履いているよりも履き替えるとラクですし、この軽さも魅力ですね」。

3. 青山|目黒

HAPPAの建物の片側半分で運営されるアート・ギャラリー「青山|目黒」のギャラリスト・青山秀樹さんは、ちょうどパリのアート・フェアから帰国したばかり。「軽くて持ち運びしやすいので、EVAは飛行機の機内でも履きたいですね」。ギャラリーではデスクワークよりも会場での接客、また展覧会の設営や撤収など立ち仕事が多いそう。「だから、脱ぎ履きしやすいのは便利ですし、EVAのサンダルは気持ちよく履けるのが何よりですね」。

〈HAPPA〉 http://www.happa.tv/
Daisuke Motogi Architecture http://www.dskmtg.com/
sakumotto http://www.sakumotto.jp/
青山|目黒 http://aoyamameguro.com/