ビルケンシュトックのスタッフがお気に入りの一足をおすすめする「MY RECOMMEND」。今回はショップスタッフの中でもベテラン組の面々が、この冬に履きたい定番モデルをピックアップ。定番ならではの使いやすさを、冬のコーディネートとともにご紹介します。
Photo : nakano shuya

01 「ビルケンシュトック ららぽーと横浜」サブマネージャー・加藤

2ストラップのサンダル「アリゾナ」は、夏のイメージが強いと思いますが、厚手のソックスを合わせると、暖かい日中であればお散歩などに便利です。重たくなりがちな冬のコーディネートのアクセントとして、カラフルなソックスと合わせるのも楽しいと思います。今日は、オイルドジャケット+デニムジャケットの男性的なコンビに、ロングワンピースを合わせた甘辛ミックス。〈ロレール〉のベレー帽やボリュームのあるピアスで女性らしさを足しています。

  • シリーズ

    ARIZONA/アリゾナ
    ダークブラウン

    ¥9,720(税込)

02 「ビルケンシュトック 原宿」ショップマネージャー・三浦

シューズタイプの中では最もシンプルなモデル「ロンドン」。だからこそコーディネートに取り入れやすく、ローファー感覚で履くことが多いです。普段から色数は抑えめで、トレンドよりも素材の良さや長く着られるデザインを重視しています。今日は、フラノウールのスラックスにガンジーセーターを合わせ、アウターはナイロンのモッズコートタイプです。異素材の組み合わせやカラーのトーンを揃え、カジュアル過ぎず決め過ぎないバランスを意識しました。

  • シリーズ

    LONDON/ロンドン
    オイルドブラック

    ¥21,600(税込)

03 「ビルケンシュトック 渋谷」ショップマネージャー・中屋

ワンストラップシューズの「ジューン」はボトムの選び方によって、上品にも可愛らしくも見せることができる一足。スカートにソックスやタイツを合わせる王道なスタイルはもちろん、ハードなソールが付いているので、今日のようなワークパンツと合わせるのもおすすめです。ジャケットとアウターも色をカーキとオリーヴでまとめ、イメージはヨーロッパのワークスタイル。インナーのパープルを差し色、大判ストールのボリュームをアクセントにしています。

04 「ビルケンシュトック 銀座」サブマネージャー斎藤

特徴的なデザインで合わせるのが難しいと思われる方も多い「モンタナ」ですが、どんなスタイルにも馴染みやすく、パンツやスカートなどボトムの丈を意識して頂くとコーディネートの幅が広がります。今日はくるぶし丈のデニムに、コーデュロイのキャップとマウンテンパーカー、中に着たドリズラーは色を抑え、赤いスウェットを差し色にしました。90年代のアメカジの定番ともいえるコーデですが、トップスのレイヤー感や配色のバランスを意識しています。

  • シリーズ

    MONTANA/モンタナ
    オイルドレザー ハバナ

    ¥21,600(税込)

BENEXY

Quorinest

詳細検索

注目キーワード

フリーワード検索

ショップ選択(必須)

モデル

カラー

サイズから選ぶ(複数選択可)
※青字サイズはBENEXYオンラインショップの表記です。

※上記のサイズはあくまでも目安です。
※ご購入の際には必ず『サイズガイド』をご確認ください。
また、測定シートを印刷してご自身で簡単に足のサイズを測ることが出来ます。

価格

詳細検索

注目キーワード

フリーワード検索

ショップ選択(必須)

ブランド

アイテム

カラー

価格