閉じる

この夏、マストとなるサンダルを先取り

この夏、マストとなるサンダルを先取り

浴衣に合うサンダル

花火大会や夏祭りなど、これからの時期に着る機会が増える浴衣。
慣れない下駄ではなく、履きなれたサンダルにすれば、足の痛みを気にせず楽しむことができます。
浴衣と色を揃えたり、草履に近い形を選んだりするのがおすすめ。毎年お馴染みになった浴衣の印象も変わるはず。
季節のイベントだけでなく、普段使いもできるため、暑い夏でも涼しく快適に過ごす必須アイテムといえます。

トングタイプのサンダル

下駄に近いルックスで選ぶなら、トングタイプのサンダルが最適。BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)やBOHONOMAD(ボホノマド)のサンダルは、トング(鼻緒)が指の間にあたらないフィッティングを推奨しているため、悩みがちな「指の間の痛み」を避けることができます。

スタイリング01

ビルケンシュトックのサンダルは、フットベッドが足の裏のアーチを支え、歩行を正しくサポートする特長があります。
ベルトをしっかりしめるため、足にフィットし、
アンクルベルトがなくても脱げにくいのも魅力。
詳しくはこちら
細目のベルトがほどよい抜け感を出し、涼やかな足元に仕上げます。

スタイリング02

ボホノマドのサンダルの中でも、ロープの本数が少ない「ハワイ」は、足がすっきりと見える、涼しくて快適な履き心地のサンダルです。
ネイビーのような落ち着いた色から、カラフルな色まで揃っており、浴衣や帯に似合う色を見つけられるはず。

エンベロープタイプのサンダル

トングサンダルはやっぱり苦手という方には、足を包み込むエンベロープタイプのサンダルがおすすめ。夏でも足元が寒いと感じる方も、無理せずにソックスを履ける形です。

スタイリング01

ボホノマドのロープサンダルは、
メキシコ北西部の先住民族が履いていた「ワラチェ」から着想を得ただけあり、足運びがスムーズ。
洗濯機で丸洗いできるため、涼し気なホワイトも、躊躇なく選べます。
詳しくはこちら

スタイリング02

ブラックで足元を引き締めるなら、ビルケンシュトックのロングセラーモデル「アリゾナ」も見逃せません。ナチュラルレザー以外に、スエードレザーなど素材も豊富。アッパーの素材によって、見た目の印象はもちろん、履き心地も大きく変わります。吟味して納得の1足を見つけてください。

プラットフォームタイプのサンダル

下駄には高さがあるため、プラットフォーム(厚底)タイプのサンダルもおすすめです。
腰の位置が高くなり、脚長効果も期待できます。アンクルベルトがあるプラットフォームのサンダルをご希望の方には、ボホノマドのサンダルが最適です。

スタイリング01

キッズのベルトサンダル

お子さんにこそ、履きなれたサンダルで、花火大会や夏祭りを存分に楽しんでもらいたいものです。ビルケンシュトックのサンダルは、面ファスナーで脱ぎ履きが簡単なモデルから、屋台の食べ物をこぼしてもさっと洗える防水仕様のサンダルまで、豊富に揃っています。

浴衣や甚平に似合う、快適な履き心地のサンダルがきっと見つかります。

スタイリング01

  • ビルケンシュトックの定番モデルを、季節のイベント以外に普段はどのように楽しむか、ブログでご紹介中。

  • 過去にご提案した、ビルケンシュトックのサンダルと浴衣を融合したスタイリング。