ビルケンシュトックを愛する人々が履きこなす、自分だけのビルケンシュトックスタイル。今週は、人を惹き付ける独特な雰囲気とハイセンスなファッションで、多くのファンをお客さんに持つ美容師の北條悦子さんが登場。ナチュラルでありながら、自分らしいおしゃれを楽しんでいる北條さんに、冬も暖かなビルケンシュトックスタイルを紹介していただきました。
Photo : kousuke matsuki

Profile

北條悦子 Hojo Etsuko

2000年に有名サロン『LIM』入社。15年間美容師として勤務後退社。2年前より自宅でプライベートサロンを開設。お姉さんとふたりで活動しているクリアバッグのブランド
『Hi』も大人気。とっても可愛いふたりのお子さんのママでもある。
Instagram : https://www.instagram.com/etsukohojo/?hl=ja
※サロンの予約やバッグの問い合わせはインスタグラムから

STYLE 01 | 
ナチュラルカラーのレイヤード

ニットのパンツをソックスにインして冬の定番「ボストン ファーライナー」を合わせたら、足もとからぽかぽか、真冬のビルケンシュトックコーデが完成。全身をベージュ系の柔らかな色味で統一すれば、見た目にもぬくもり溢れる雰囲気に。全体的にナチュラルなので、シルバーのバングルでほんのひとさじモードなアクセントを加えて。

北條さんが選んだ一足

  • シリーズ

    BOSTON/ボストン
    ファーライナー ブラウン

    ¥23,760(税込)

STYLE 02 | 
大胆な色合いの小物を楽しんで

旦那さまのメンズのワイドパンツを合わせたとびきりマニッシュなスタイルにも、すっきりとしたフォルムの「ソーンダース」はすっと馴染んでくれます。暗くなりがちな冬のコーディネートには、春が待ち遠しくなるミントグリーンのざっくりニットを。トップのカラーと合わせたスカーフを巻いて、エレガントさをプラスするのが北條さん流。

北條さんが選んだ一足

  • シリーズ

    SAUNDERS/ソーンダース
    パテントレザー ブラック

    ¥23,760(税込)

STYLE 03 | 
シックなトラディショナルスタイル

ブラックのざっくりニットにチャコールグレーのオーバーサイズのロングコートという、モノトーンで上品な大人スタイルにはトラディショナルなデザインの「ララミー」を。合わせたバッグは、自身のブランド「Hi」のもの。クリアな素材感が、重厚感のある冬のコーディネートに抜け感を与えてくれます。いつもどこかに遊び心を。北條さんならではのバランスが出来上がります。

北條さんが選んだ一足